HOME> ブログ > 南原と智異山、潭陽に行きました -第16回韓国体験旅行

ブログ

  • mixiチェック

南原と智異山、潭陽に行きました -第16回韓国体験旅行

■2018/09/19 南原と智異山、潭陽に行きました -第16回韓国体験旅行
全羅北道南東部にある南原に宿泊し、全羅道のおいしい食事と美しい自然、歴史文化を味わいました。
 
【1日目】東京→ソウル→南原(남원
恋物語『春香伝(춘향전有名南原
南原はソウルからKTXに乗って2時間40分ほどで着きます。
宿泊韓屋ホテル한옥 호텔 남원예촌 by 켄싱턴」。ホテルは物語の主人公、春香と夢龍が出った広寒楼(광한루원)の隣に位置します。韓国最高の韓屋の名匠が施工に加わり、黄土・竹・海草など自然から得た材料を基に古建築方式をそのまま再現した建物で、韓国文化を感じながらゆったりと過ごしました。
 
夜は、南原名物のどじょう汁(チュオタン・추어탕)。アナゴのようなお味で、とても滋味あふれるおいしさです。どじょうを丸ごとエゴマの葉で巻いた天ぷらも香ばしくて、お酒がすすみました。
 
【2日目】智異山登山
智異山(지리산)の老姑壇(노고단1507に登り、古刹として有名な華厳寺(화엄사に向かいました。
智異山は、全羅南道をはじめ、韓国南部の3にまたがる지리산국립공원智異山国立公園)にあります1967韓国初国立公園指定され、韓国最大440,485平方キロメトル。
天王峰(천왕봉1915m)、老姑壇(노고단1507m)、般若峰(반야봉1732m三大峰をはじめ85ものがあり、四季折々しい風景は、登山者を魅了してやみません。
私たちが登った老姑壇から天王峰までの25.5kmの稜線は、韓国縦走最長です。
そして、老姑壇から見下ろす雲は、智異山10景の一つに数えられるほど。また、春にはツツジ、秋は紅葉が美しく、韓国八景にも選ばれているそうです。
 
登山後は、南原に戻り南原春香テーマパーク(남원춘향테마파크)で、『春香伝』の夜間公演を観ました。1時間30分の本格的な舞台で、美しい歌声と衣装にうっとり。
日本であらかじめ『春香伝』を読み、映画を観てから行ったので、韓国語の講演でも内容がぐっと入ってきました。
 
夜は、南原3代名物のひとつ「黒豚(흑돈)」を堪能しました。
サムギョプサルのおいしさはもちろんですが、軟骨を叩いた「오돌뼈」がこりこりとした歯ごたえで好きになりました。ソウルで出会えない味を楽しめるのも地方の旅行の良さです。
 
【3日目】潭陽へ日帰り旅行
南原から담양潭陽)へバス旅行をしました。
竹林で有名な潭陽。竹緑苑(죽녹원)へ行き、竹の間から吹き寄せる涼しい風でリフレッシュしました。竹緑苑には竹林を縫うように散策路があり、私たちは「哲学者の道」を散策。
 
お昼ご飯は、박물관앞집(博物館前の店)で名物のトッカルビ(떡갈비)と竹筒ご飯(대통밥)をいただきました。
トッカルビは牛肉を粗挽きにして餅のように平たく形づくって焼くことから、つけられた名前だそう。トッカルビと相性がいい潭陽名物の竹筒ご飯と合わせていただきました。米と豆、ナツメなどいろいろな穀物を竹筒に入れ、蒸し焼きにして炊き上げるご飯は、蓋を開けるとほのかに青竹の香りがします。
十数種類のおかずも食卓にずらりと並び、竹筒酒(대잎술)も飲んで大満足。
 
ちなみに、竹とともに有名なのはメタセコイア並木です。
私たちが乗った市外バスが潭陽に近づくと、メタセコイアの並木が私たちのバスを迎えてくれました。柔らかな色合いで少しうつむき加減の葉は、とても優しい雰囲気。「韓国の美しい道百選」で最優秀名所にも選ばれた地域だそうです。
自然とれ合いながらゆっくりくつろぎ、昨日に続いて全羅道の趣深い魅力を味わいました。
 
【4日目】南原→ソウル
ホテルでゆったりお食事をいただいた後、お隣の広寒楼を散歩し、ソウルへKTXで移動しました。
夜は、カルビチム(갈비찜)。しっかりと味がつけられ、柔らかに蒸されたカルビ肉は、骨からほろりとほぐれます。とてもボリュームがあり、ビールとの相性もぴったり。ぜひ、食べていただきたい味です。
 
【5日目】ソウル→東京
ソウル市内を散策し、東京へ。
国立ハングル博物館(국립한글박물관や国立中央博物館(국립중앙박물관などを見学したり、お買いものをしたりして自由に過ごしました。
国立ハングル博物館では、韓国語ガイドの方にハングルの歴史と文化を丁寧に解説いただき、ハングルの歴史に深く興味を持ちました。
世宗大王によって1443年に誕生したハングル。訓民正音(훈민정음)が出来たときにあった声調やパッチム、ハングルが人々に広まるまでのお話など、わくわくしながら伺いました。
さらに博物館では、さまざまな時代に出版された『春香伝』も目にすることができ、南原から続く今回の旅が、すべてハングルでつながった喜びがありました。
 
みなさまもぜひ、歴史ある南原市や国立ハングル博物館を訪れてみてください。
そして、ご一緒に旅の思い出を分かち合えたらうれしいです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ソウル韓国語学院
http://seoulkorean.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都新宿区百人町2-20-1
TEL:03-5348-1310
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/CH1vuF
Twitter:http://goo.gl/lSo4pN
mixi:http://goo.gl/1LdeLa
アメブロ:http://goo.gl/nqMqrx
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆