HOME> ブログ > 立て看板の中のハングル

ブログ

  • mixiチェック

立て看板の中のハングル

■2015/08/10 立て看板の中のハングル
 新宿区、特に新大久保駅の周辺を歩いてみると、ハングルで書かれた立て看板がたびたび目に入ってくる。大体、日本語と一緒に書かれているので意味が通じないことはないが、書かれている韓国語をみると足が止まるときもある。

 昨日、炎天下の中で新宿百人町をてくてく歩いていたら、ある立て看板が目に入ってきた。
  
   개의 분뇨는 임자가 책임져서 처리를!
  【犬の糞尿は飼い主の責任で片づけを!】
 
 ところが韓国語の訳が少し気になった。気になったところは二カ所。まず、一つ目は「임자」という単語。「이 가방의 임자가 누구요?」 (このカバンの主人は誰なの?)のように、ものの持ち主の場合など使われないわけではないが、「주인」(主人)よりは多く使われず、時代劇のせいかもしれないが古風な感じさえもする。もう一つは「책임져서」(責任をもって)である。省略されている述語の「해라」とのつながりを考えると(「책임져서」の「―서」は、求める、望む、などの意味を持つ述語とは共起しない)책임지고ではないだろうか。
 
 ずっと気になっていて辞書を引いてみると、特別な場合を除いてはあまり使われないと思っていた「임자」ということばは、辞書には、主人の醇化語(外来語などをわかりやすく、規範的なことば)と書いてある。漢字語より固有語を使え!という趣旨かもしれないが、とにかくお勧めのことばというわけだ。周りの同僚らにも聞いてみたが、みんな「主人」の方が自然だというけれど。
立て看板のお陰で、今日は大変勉強になった。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ソウル韓国語学院
http://seoulkorean.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都新宿区百人町2-20-1
TEL:03-5348-1310
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/CH1vuF
Twitter:http://goo.gl/lSo4pN
mixi:http://goo.gl/1LdeLa
アメブロ:http://goo.gl/nqMqrx
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆