HOME> ブログ > 本で旅する10日間 -韓国文学を読んでみませんか

ブログ

  • mixiチェック

本で旅する10日間 -韓国文学を読んでみませんか

■2019/04/24 本で旅する10日間 -韓国文学を読んでみませんか
긴 여행 ― 문요한《 여행하는 인간 》
 
여행과 음식은 다르다.
짧은 여행에서도 느낄 수 없는
긴 여행만의 묘미와 깊이가 있다. 그래서
인생을 살면서 자주는 아니더라도 한 번은
긴 여행을 떠나라고 권하고 싶다. 긴 여행은
삶 전체를 새롭게 할 수 있는 커다란
영향력을 가지고 있기 때문이다. ※日本語訳は後半
 
ゴールデンウィークのご予定はお決まりですか。
문요한(ムン・ヨハン)は、「긴 여행을 떠나라(長い旅に出ろ)」といいます。
長い旅には、短い旅では味わえない人生そのものを新しくする大きな力があるからだそう。
 
とはいえ、長期間の旅行はなかなか難しい。
 
そこで、韓国文学を1冊読み通す「読書旅行」などはいかがでしょうか。
新しい出会いに心躍るのは、読書も旅行も一緒。日常から抜け出して、お気に入りの本とともに長い旅を楽しんでみませんか。
 
まずは、ご紹介した『旅する人間(여행하는 인간)』。
作者のムン・ヨハンは精神科医。彼が考える「人生に手渡したい大切な話」とは何か、新しさ(새로움)、休息(휴식)、自由(자유)、挑戦(도전)など、12のテーマで書かれています。
 
 “가장 중요한 것은 길 위에 있다” (最も重要なものは道の上にある)
 
彼は、人間がなぜ旅を渇望するのか、旅は人間の生き方にどのような影響を及ぼすのか、この時代を生きていくのになぜ「旅行者精神」が必要なのかを心理学的な角度を交えて語り続けます。長い休みにぴったりの作品です。
 
さて、もう1冊と行きたいところですが、みなさまのお手元にあるものをぜひ。
韓国旅行に行くたびについ買ってしまう本、棚に置いたままではありませんか。
ゴールデンウィークは、原文で読むチャンスです。
 
しかし、韓国語教室に通いはじめたばかりで、ひとりでハングルを読むのがちょっと難しいという方もいらっしゃいますよね。
 
それでしたら、日本語訳で韓国文学に触れてみるのはいかがでしょうか。
近ごろ、韓国の小説やエッセイの日本語版を書店で見かけるようになりました。
そこで1冊ではなく、複数冊を。
 
おすすめの読み方は、3つです。
 
まず1つめは、作家で決めてみる。
 
好きな作家を読み比べ。少しぜいたくな時間の使い方です。
韓国語教室で話題にあがったものから、一部をご紹介します。
 
*ハン・ガン
『菜食主義者(新しい韓国の文学 1)』出版社:cuon(2011),翻訳:きむ ふな
『少年が来る』出版社:クオン(2016),翻訳:井手俊作
『ギリシャ語の時間(韓国文学のオクリモノ)』出版社:晶文社(2017),翻訳:斎藤真理子
 
*パク・ミンギュ
『カステラ』出版社:クレイン(2014),翻訳 :ヒョン ジェフン、斎藤真理子
『亡き王女のためのパヴァーヌ』出版社:クオン(2015),翻訳:吉原育子
『ピンポン』出版社:白水社(2017),翻訳:斎藤真理子
 
ハン・ガン(한강)さんは、『채식주의자 (菜食主義者)』でブッカー国際賞受賞。
パク・ミンギュ(박민규)さんの『カステラ』は、第1回日本翻訳大賞の「大賞」受賞作。
作家に詳しくなければ、受賞作品から入るのもよさそうです。
 
2つめは、翻訳者で決めてみる。
 
*斎藤真理子
『こびとが打ち上げた小さなボール』チョ・セヒ,出版社:河出書房新社 (2016)
『82年生まれ、キム・ジヨン』チョ・ナムジュ,出版社:筑摩書房(2018)
『フィフティ・ピープル(となりの国のものがたり)』チョン・セラン,出版社:亜紀書房 (2018)
 
*きむ ふな
『ワンダーボーイ(新しい韓国の本)』キム・ヨンス,出版社:クオン(2016)
『アオイガーデン(新しい韓国の文学シリーズ)ピョン ヘヨン,出版社:クオン(2017)
『夜よ、ひらけ(韓国文学ショートショート) 』チョン ミギョン,出版社:クオン(2018)
 
斎藤真理子さんの作品は、書店で韓国文学フェアをやっていると出会うものばかり。
『82年生まれ、キム・ジヨン』は、出版から半年たった今でも書店で平積みになっている人気作です。
 
きむ ふなさんの『夜よ、ひらけ』は、日本語と韓国語の2言語で紹介する新シリーズ。
翻訳者がおすすめする短編小説で、朗読はYouTubeで聴くことも可能。
楽しみが何倍も広がる本です。
 
翻訳本は、読み重ねると日本語での気づきも多く、原文を読んでみたくなります。
韓国語の学習意欲にもつながるお得さです!
 
3つめは、出版社で決めてみる。
 
韓国文学を刊行している出版社には、シリーズで出しているところも。
小さめの出版社のホームページは、お気に入りの品ばかりが並ぶセレクトショップのよう。オーナーの心意気も感じられ、自分だけの宝物が見つかるうれしさがあります。
 
Amazonで検索するのも良いですが、各社ホームページにはそれぞれの特徴があり見ているだけでワクワク。
「本で旅する10日間」は、本探しからはじめてみるのも良いかもしれません。
 
ゴールデンウィークがお仕事の方もお休みの方も、素敵な時間が過ごせますように。
 
※日本語訳(参考)
長い旅行 ムン・ヨハン『旅行する人間』
旅行と食べ物は異なる。
短い旅では感じられない
長い旅だけの醍醐味と奥行きがある。それで
人生を生きるのであれば、自らの気持ちはなくとも一度は
長い旅に出ろとすすめたい。長い旅は
人生全体を新たにすることができる、大きな
影響力を持っているためだ。
 
本を開くと自分の年齢に関係なく、幼くも大人にもなれる時間が広がっていきます。
もちろん、若くも!
「삶이 흔들릴 때마다 그 젊은 날의 여행은 내게 힘이 되어 주었다. (人生が揺れるたびに、その若い日の旅行は私に力になってくれた。)ムン・ヨハン」
この“若い日”は、今かもしれません。
韓国文学を旅することで、新しい道を歩いていく力がでますように。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ソウル韓国語学院
http://seoulkorean.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都新宿区百人町2-20-1
TEL:03-5348-1310
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/CH1vuF
Twitter:http://goo.gl/lSo4pN
mixi:http://goo.gl/1LdeLa
アメブロ:http://goo.gl/nqMqrx
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆