HOME> ブログ > 私と韓国語、私、僕、俺、あなた、君、お前・・・

ブログ

  • mixiチェック

私と韓国語、私、僕、俺、あなた、君、お前・・・

■2016/06/20 私と韓国語、私、僕、俺、あなた、君、お前・・・
 日本語と韓国語って、一人称と二人称を表す言葉が多いですよね。
英語では、一人称の「私」は「I」、二人称の「あなた」は「You」と決まっていますが、韓国語では、一人称は「」「」、二人称は「」「당신」「그대」といろいろな表現があります。日本語にいたっては数えきれないほどたくさんの表現がありますね。(母国語だから、外国語に比べていろいろな表現を知っているということもあるかと思いますが・・・)一人称は、「私(わたくし、わたし)」「僕」「俺」という日常生活で使う表現はもちろんのこと、時代劇や本などでは「我輩」「拙者」という表現もあり、二人称も「あなた」「君」「お前」などがあります。
なぜ、こんなにたくさんあるのか、本当に不思議です。
理由はよく分かりませんが、日本語と韓国語には尊敬語や謙譲語があるからかなと思いました。目上の人とお話する時には、韓国語も「」、日本語も「私(わたくし)」を使い、友達と話す時は「」や「わたし」「僕」を使いますね。でも、二人称の場合は、尊敬語や謙譲語があるからということではなさそうです。韓国語では、仲良しの人には二人称を使うように思うのですが、日本語では、相手と仲良しかどうかは関係なく、「君」や「あなた」という二人称を使うことが多い気がします。

ある韓国人の仲良しの友達に「あんた」と呼ばれていたことがあるのですが、この「あんた」という表現、私があまり好きな表現ではなかったので、「あんたと言わないでほしいな」と伝えるかどうか悩んだことがあります。韓国の方にとっては、二人称を使うこと自体が仲良しであることを意味し、そして、「あなた」が変形したもので、親しい間柄で使われることも多いので、きっと親しみをこめて使っているんだろうなと考えていましたが、この間ついに話してしまいました。そうしたら、やはり「親しみをこめて使っていた」ということでした!言葉って本当に難しくて面白いですね。
ふと思ったのですが、こうして文章を書いたり、話したりしている時、日本語や韓国語ってあまり一人称を使わないですね。使わないからこそ、いろいろな表現があるのかもしれません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ソウル韓国語学院
http://seoulkorean.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都新宿区百人町2-20-1
TEL:03-5348-1310
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/CH1vuF
Twitter:http://goo.gl/lSo4pN
mixi:http://goo.gl/1LdeLa
アメブロ:http://goo.gl/nqMqrx
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆