学院ブログ

  • mixiチェック

私と韓国語、栗と밤

■2021/09/29 私と韓国語、栗と밤
皆さん、こんにちは。
朝晩は羽織るものが必要なくらい涼しくなり、秋らしい季節になりました。
もう9月も終わりですね。
 
「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」と様々な「秋」がありますが、なんといっても「食欲の秋」!
美味しい新米の季節!まつたけ等のきのこや、ぶどう、柿、梨、いちじくも秋が旬ですね!そして、なんといっても栗!美味しいですよね、栗。大好きです。
 
日本では、栗おこわや栗きんとん、栗蒸羊羹、モンブランのようなケーキで食べることが多いと思います。私は栗おこわで食べることが一番多いです。
 
韓国でも栗(밤)はよく食べられるようです。私の印象に残っているのは、カルビチム(갈비찜)に入っている栗です。お肉ももちろん美味しいのですが、この栗がカルビチムの味が染みていて、美味しいんです!日本にはあまりない発想の料理だなと思いました。
 
急にカルビチムが食べたくなりました。早く韓国に行ける日が来るといいなあと思います。
 
ちなみに栗の皮むきって大変ですよね。私は栗の皮むき器を使います。韓国語では(밤가위:栗のはさみ)というそうです。美味しい栗を食べるためには、皮むきを頑張らないといけないですね。
 
私たちが栗の「実」と思って食べている黄色の部分って、栗の「果肉」ではなく、栗の「種」なんだそうです。頑張って皮を向かなくちゃ!と言っているあの茶色い部分(鬼皮)が、栗の「果肉」で、トゲトゲした「イガ」が栗の「皮」になります。つい、この間このことを知って驚いた私です。
 
韓国語で鬼皮は「껍질」、渋皮は「속껍질」と表現します。껍질は「皮や殻」のことなので、鬼皮は「皮」、渋皮は「中の皮」となります。分かりやすいですね。どっちが鬼皮だっけ?渋皮だっけ?と悩む必要がありません。
イガは「밤송이」と言うそうです。「송이」だけですと松茸のことなので、밤송이は栗松茸?と一瞬美味しさ満載の単語に思ってしまうのは私だけでしょうか。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ソウル韓国語学院
http://seoulkorean.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都新宿区百人町2-20-1
TEL:03-5348-1310
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/CH1vuF
Twitter:http://goo.gl/lSo4pN
mixi:http://goo.gl/1LdeLa
アメブロ:http://goo.gl/nqMqrx
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Scroll Up